8月6日、広島元安川にて、犠牲者の鎮魂と平和への祈りを込めて
灯篭流しが行われました。
それぞれの平和への祈りを書いた灯篭を川へ流します。
海外からの参加者も多く、英語でのメッセージも多く見られました。
d0148187_133960.jpg

まだ少し明るい時間からはじまり
日が沈み、だんだんと薄暗くなると同時に、原爆ドームもライトアップされ
たくさんの灯のともった色とりどりの灯篭がゆっくりと流れていく様子は
とても幻想的でした。

d0148187_135575.jpg




d0148187_14145.jpg

悲惨な過去を伝えると同時に平和のシンボルとなっているドームの前を
たくさんの人の祈りが流れていきます。



d0148187_14750.jpg




d0148187_141250.jpg




d0148187_1418100.jpg




d0148187_143535.jpg

このたくさんの祈りが届きますように・・・


この灯篭流しが行われているのと同じ時間に
原爆ドームの周辺では、みんなの願いが書かれたキャンドルに灯がともされる「ピースキャンドル」 が行われたのですが
こちらの灯篭流しに夢中になり、行ったときには、最後の一つを吹き消したところでした(>_<)
残念。。。

2011年8月6日広島より・・・はこれでおしまいです。
by kanon_65 | 2011-08-10 01:13 | おさんぽphoto

広島平和記念資料館

d0148187_1342690.jpg




d0148187_1343739.jpg




d0148187_134553.jpg




d0148187_1351080.jpg




d0148187_135215.jpg


資料館の中は、意外にも明るく近代的で、持っていたイメージとは変わっていた。
だけど、やっぱり歩いてると涙がでそうになる重い空気はあるのは事実かな。
写真もOK(フラッシュは禁止)。だけど、やはりリアルなものにはカメラをむけることはできない。
(最後のおりづるは佐々木禎子さんが実際におられた鶴です)
でも、私の前を歩いていた2人のイケメン(あれ?これいる?笑))外国人の若者2人
悲惨なものにも目をそらさず、真剣に説明文を読みながら見学していた。
なんだかうれしい光景だった。
でも、その反面、同じくらいの歳の日本人の若者はいなかったかも・・・残念ながら・・・

きれいごと(写真)ではいけないのかもしれないけど
私は戦争ってこんなものなんだよと伝えることはできない。
勉強不足でよく知らないから・・・
だけど、こんな感じのところなんだ。行ってみようかな?って思える写真をのっけるのが私のできることかなと・・・
by kanon_65 | 2011-08-09 01:38 | おさんぽphoto

2011年8月6日*祈り*

d0148187_2363634.jpg



d0148187_2364376.jpg




d0148187_2371136.jpg



d0148187_2374421.jpg



d0148187_2375430.jpg



d0148187_238454.jpg


過去の事を知らなくても
未来のために祈ることは皆できます。
それぞれの形で・・・
by kanon_65 | 2011-08-08 00:15 | おさんぽphoto