郷愁漂う村を歩く

舗装されていない細い山道を歩いて行くと
d0148187_22155492.jpg


そこには小さな小さな村があった。
そこだけ時間が止まったようなノスタルジックな村。
d0148187_2216176.jpg


d0148187_22162737.jpg


住んだことがあるわけでもないのに
どこか懐かしさを感じる。
d0148187_22164221.jpg



d0148187_22164651.jpg



d0148187_22165010.jpg



d0148187_22165490.jpg



d0148187_22165940.jpg



d0148187_2217318.jpg


空き家も多く、ほとんど人にも会わない。
たまに会う村の住人さんは皆暖かく
「どこから来たん?」から始まり「まあお茶でも飲んで行き」と
見ず知らずの私たちを優しい味のお茶とお菓子でもてなしてくれた。
d0148187_2218233.jpg



d0148187_2218944.jpg


人里から遠く離れ、よそ者を拒むかのように見える小さなこの村は
来るものを優しく包み込んでくれる暖かい村だった。
d0148187_22182763.jpg


その暖かさについつい時間を忘れ
はっと気付くと・・・もう3時
さっき来たばかりなのに・・・先を急ぎます。
by kanon_65 | 2012-06-21 22:21 | おさんぽphoto